ツイッターでフォロワーを買う事の真の効果とは。飲食店集客で売り上げた事例 #Twitterフォロワー購入? #立憲民主党

民進党のツイッターフォロワー購入が話題になっていますが、
フォロワーを購入する事自体はすぐに行なえます。
5000円払えば1万人ずつフォローを増やす事が出来、
日本人アカウントならば1000人くらいを増やすことが出来ます。

いいねもリツイートも購入できます。

しかし、そのユーザーは全てが中身のないアカウントで、
依頼があった時に動くだけのアカウントです。
そのユーザーが読むことも広めることもありません。

全て機械で、ログインを繰り返します。
Tor等組み合わせれば使えばスパムアカウントのログイン切り替えをいくら行っても凍結される事は少ないでしょう。

実は私も、10000件程度、サブアカを持っています。

その用途はというと、エクセルのマクロでリツイート用にしていました。
それら10000件に、一日5人ずつ程度セグメントを区切って自動でフォローをさせ、
そして、指定したアカウントを自動でリツイートをするだけで、
商品がバンバン売れた時代がありました。

しかし、もはやそれらの行為は、古いと言うより、
規制が厳しいので中々うまくは行きません。

そんな折、飲食店の集客を行う機会がありました。

飲食店の集客は、これまでの集客と違い、
スパムアカウントを10000件用意して、とするにはセグメントが合致しませんでした。
(一万人が今日はこの店に来ていますとツイートをさせても信ぴょう性が無いでしょう)

これまでと違う集客方法を必要とされ、何をしたかと言うと、

まず、個の力をどう高めるかを研究しました。
1万件を扱っている時、ちょっとフォローをしすぎたアカウントがあると、
すぐに凍結をされることを繰り返していたからです。

店のアカウントを凍結させてしまえば意味がなくなります。

凍結基準はどのようになっているのか…。
フォロー何件くらいで凍結されてしますのか…。

すると、興味深いことに、
「一日50人くらいで凍結される」
「ツイッターでフォローを行える件数は一日1000件の上限がある」
と、全く持って、かけ離れた数字が出てきました。

どうすれば1000人もフォローできるのか。

するとぶちあたったのは次の文章
「フォロワー1000人以下くらいなら一日50件くらいのフォローが良い」

フォロワーの数によってフォローが出来る数が変わる事に行き着きました。

そう、スパムアカウントさえ買ってしまえば、フォローできる数が最大千件まで増やせたのです。

その結果、スパムアカウントでまず自分をフォローさせる事でした。
当然、1万人、2万人と、最初からフォロワーが付きます。

これで、フォロワーが1万人!とホルホルするためではありません。
一万人の影響力を持つ!と、ホルホルするわけでもありません。

1万人のフォロワーがいるということが意味する、真の効果を示す部分、

「一日1000人フォローできるようになる」のです。

もちろん、通常、5000人(その当時は1000人)までフォローをした後は、
自分のフォロワーの1.1倍までしかフォローできません。

しかし、1万人フォロワーがいたならばどうでしょう。
1万1千人をフォローできるようになります。

足りなくなったらまた買えばフォローをしていけるのです。

もちろん、1000人までフォローは出来ましたが、
短時間でフォローをしても凍結をされます。

一日の間で時間をかけてフォローをしていく必要があります。

人の手では限界があるので、自動にしつつ、
手動も織り交ぜつつ、一日300件程度ずつ自動でフォローを行いました。

そうすることで、セグメントが正しければ、半分程度のフォローバックが帰ってきます。

そうして、毎日リアルフォロワーが150人増える飲食店。
一日1組の新規が来る店に仕上げたのです。

フォロワーを買うと言うことを、見栄えの為にしてしまってはただの無駄だと言うお話でした。

ビットコインを毎日受け取る最新HYIP特集

PR:BitConnect

体感:一年以上継続中

月利:最大月利40%、日利0〜1.5%周辺
期間:120日〜299日
最小投資単位:$100
参加する

PR:Bitpetite

体感:比較的安心

日利:3.60%〜4.5%
期間:6週間〜9週間
最小投資単位:0.005ビットコイン
参加する

PR:BitDragon

体感:潰れる前提で

日利:9%〜12%
元本:しない
期間:永遠に
最小投資単位:0.001ビットコイン
参加する
HYIPは高リターン高リスク商材ですので、リスク管理を各自行ってください。

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトについて

このサイトはネットビジネスで稼ぐとなっていますが、筆者本人はネットビジネスは嫌いです。
「ネットビジネスで一緒にビジネスをしましょう!」と、言葉では説明しているものの、あくまでも「貴方はお客様です」。
なので、本当にネットでビジネスをするとはどういう事かをここで書いていければなと思います。
連絡はこちらまでinfo@omorovie.com